グリーズマンの同点弾で”マドリード・ダービー”はドロー決着!(動画あり)

4月8日にラ・リーガ第31節、レアル・マドリード対アトレティコ・マドリードの”マドリード・ダービー”が行われた。
リーグ戦では160回目となるダービーは、先制を許したアトレティコ・マドリードが土壇場で追いついて引き分けに持ち込んでいる。

DFペペのゴールで先制したレアル・マドリードが逃げ切るかに思われた後半40分、途中出場のFWアンヘル・コレアが前を向いてボールを受けると、前線にスルーパスを送る。DFの間を通したこのパスでFWグリーズマンが抜け出し、1対1を冷静に決めて同点とした。

中盤のMFルカ・モドリッチとトニ・クロースを中心に61.3%のボールポゼッションで試合を支配していたレアル・マドリードだったが、勝ち点3を取り切ることはできなかった。

前半30分にはDFサヴィッチのスーパークリアも!

参照・画像出典:Twitter