J1リーグ第5節、FC東京対サガン鳥栖は土壇場のチョ・ドンゴンのゴールで3対3のドローに!権田涙の謝罪も!(動画あり)

4月1日にJ1リーグ第5節、FC東京対サガン鳥栖が行われた。FC東京のGK林彰洋、サガン鳥栖のGK権田修一はそれぞれ移籍後初の古巣対決となった。

試合は開始早々の前半4分、FW豊田陽平のPKでサガン鳥栖が先制に成功する。そのまま逃げ切るかと思われたが、後半25分に途中出場のFWピーター・ウタカがゴールを決め、そこから19分で3ゴールが生まれる乱打戦に。
そして迎えた後半45分、サガン鳥栖のFWチョ・ドンゴンがゴールに背を向けたまま値千金の同点ゴールを決め、3-3のドローに終わった。



惜しくも2ポイントを失ったFC東京と、何とか1ポイントをもぎ取ったサガン鳥栖。両チーム合わせて6ゴールが生まれた試合はドロー決着となった。

権田の試合後のFC東京サポーターへ送った涙の謝罪のシーン。
9年間在籍したFC東京。いつも支えてくれたサポーターへのけじめの謝罪だったのかもしれない。


参照・画像出典:youtube