これは酷い…ボルシアMGが前代未聞の“空振り”から失点(動画あり)

2月23日にUEFAヨーロッパリーグラウンド32第2戦、フィオレンティーナ対ボルシアMGが行われた。
試合は、ボルシアMGがFWシュティンドルのハットトリックなどにより、フィオレンティーナに4-2で逆転勝利を収めている。

0-2から逆転に成功したボルシアMGだが、前半にはDFヤニク・ベステゴールの“ありえない”ミスから失点。

相手FWとの距離も十分にある中、大きく蹴り出そうとしたベステゴールの右足は見事に空を切り、パレロのゴールをアシストした形になってしまった。

ボルシアMGは、この後FWシュティンドルのハットトリックによって大逆転勝利を収めたのが唯一もの救いだ。
 
参照・画像出典:Twitter