今季のJは“助っ人外国人”に注目!20年前はエムボマが衝撃ゴール!(動画あり)

今月25日に2017シーズンのJ1リーグが開幕する。DAZNの放映権取得によって、優勝クラブには大型の賞金が配分される事もあってか、今冬の移籍マーケットは近年稀に見る大きな動きが起きている。

海外からの外国人選手の補強も積極的で、鹿島は元ブラジル代表レアンドロ、横浜Mはポルトガルからウーゴ・ヴィエイラ、神戸はブラジル人ウエスクレイを獲得。さらに神戸がドイツ代表ポドルスキを、広島がオランダ代表ファン・ペルシーを狙うなどの報道もあった。v

近年は、世界的に有名なスター選手を獲得するに至っていないJリーグだが、90年代は当時世界トップクラスの選手たちをこぞって獲得していた。

元カメルーン代表FWエムボマもその中の一人だ。ガンバ大阪に加入したエムボマは、今から20年前のJリーグデビュー戦で衝撃のスーパーゴールを決めて見せた。

華麗な切り返しとリフティングで3人のDFを交わして、最後は豪快なボレーシュート。ガンバファンのみならず、このスーパーゴールを記憶されている方は多いだろう。

このゴールから20年、観客を唸らせるスーパーゴールを決める外国人選手は現れるのか。25日の開幕戦に注目したい。
 
参照・画像出典:YouTube