“人気クラブ”の証!2016年に世界一ユニフォームが売れたクラブとは…?

イギリス紙『Manchester Evening News』は8日、2016年のユニフォーム販売ランキングTOP10を発表した。

同メディアによると、昨年で一番レプリカユニフォームが売れたのは、マンチェスター・ユナイテッドだったようだ。次いでレアル・マドリード、バルセロナ、チェルシーとなっている。

2016年レプリカユニフォーム販売数ランキングは下記の通り。

———————————
1位:マンチェスター・ユナイテッド:285万枚

2位:レアル・マドリード:229万枚

3位:バルセロナ:198万枚

4位:チェルシー:165万枚

5位:バイエルン・ミュンヘン:150万枚

6位:アーセナル:122万5000枚

7位:ユヴェントス:85万枚

8位:リヴァプール:70万5000枚

9位:パリ・サンジェルマン:68万5000枚

10位:ACミラン:65万枚
———————————

トップ10にはプレミアリーグから4クラブ、リーガ・エスパニョーラ、セリエAから2クラブとなった。

人気クラブの証であるユニフォームの売上枚数。これを見れば、プレミアリーグ放映権料の高騰も頷ける。

参照・画像出典:Manchester Evening News