Jリーグ全試合が980円で観れる!DAZNがdocomoと新サービスを発表

今シーズンからJリーグの放映権を獲得したDAZNは8日、NTTドコモと共同で新サービス『DAZN for docomo』を発表した。
新サービスでは、ドコモの利用者であればDAZNサービスを月額980円で視聴できる。ドコモ以外の利用者は月額1750円で視聴可能。サービス開始は2月15日からとなる。

DAZNは今シーズンのJ1、J2、J3全試合の放映権を取得しているため、ドコモ会員は月額980円でJの全試合を観る事ができるようになった。
DAZNはJリーグの他にも、ブンデスリーガやセリエA、リーグアン、FAカップ(イングランド)を視聴できるライブストリーミングサービスだ。

一方、ソフトバンクと契約しているスポナビライブも3月16日からの新プランを発表。これまでソフトバンク利用者は月額500円、それ以外の利用者は月額3000円でプレミアリーグやリーガ・エスパニョーラをできた。しかしDAZNとドコモの新サービスを意識してか、同日にフルHD対応と共にソフトバンク利用者は月額980円で、それ以外の利用者は月額1480円で視聴可能となった。(※既にソフトバンク利用者で500円で視聴していた方は、HDでそのままの料金となる。)

国内や海外サッカーの視聴環境を恵って、各社が利用者獲得に奔走している。
 
参照・画像出典:docomo