【酒井高徳vs大迫勇也】マッチアップを制したのは…?(動画あり)

2月7日にDFBポカール(ドイツサッカー連盟杯)ベスト16、ハンブルガーSV対FCケルンが行われた。
ハンブルガーの酒井高徳は右サイドバックで先発出場、ケルンの大迫勇也は2トップの一角で先発出場し、好調の日本人選手対決が実現。

試合は、ハンブルガーがDFユングとFWボビー・ウッドのゴールによって、ケルンに2-0で勝利を収めている。ハイライトはコチラ。

日本人対決は、キャプテンマークを巻く酒井高徳に軍配が上がった。

本大会ではハンブルガーのほか、バイエルン・ミュンヘンやボルシアMG、ビーレフェルト(2部)などがベスト8進出を決めている。
 
参照・画像出典:YouTube