フランクフルト長谷部、決勝点となるPKを決めた…!(動画あり)

2月5日にブンデスリーガ第19節、フランクフルト対ダルムシュタットが行われた。
試合は、フランクフルトがMF長谷部誠、FWアンテ・レビッチのゴールによって、2-0で勝利を収めている。

チームメイト、そして指揮官からの信頼の証だ。前節はフリーキックから味方のゴールをアシストした長谷部は、今節の勝負所でPKを任された。
0-0で迎えた後半28分、ゴール右隅に冷静に流し込んだ。

このゴールで勢いに乗ったフランクフルトは、終了間際にも1点を追加して完勝。香川真司が所属するドルトムントを抑えて3位となっている。
 
参照・画像出典:Twitter