清武がセレッソ復帰で合意。4年半ぶりにJリーグの舞台へ!

日本代表MF清武弘嗣は1日、セビージャからJ1のセレッソ大阪に完全移籍する事がわかった。セレッソのクラブ幹部が「大筋で合意した」を話している。間もなく両クラブから公式発表されると見られている。

2012年夏にセレッソからブンデスリーガのニュルンベルクに移籍して以来、4年半ぶりのJリーグ復帰となる。

清武は今シーズン、リーガ・エスパニョーラの強豪セビージャに移籍するも出場機会を得る事ができず、移籍先を模索していた。本人の希望もあり、Jリーグのクラブと接触を行い、最終的には古巣に戻る事が決まった。高額の移籍金がネックとなっていたが、セレッソは粘り強く交渉を行い、最終的には500万ユーロ(約6億円)で合意に至ったようだ。

近日中に正式登録を済ませ、早ければ4日の宮崎キャンプで合流する見込みだ。