これはオンだろ?武藤のシュートが誤審オフサイドでノーゴール判定に…(動画あり)

1月29日にブンデスリーガ第18節、マインツ対ドルトムントが行われた。

試合は前半3分、ドルトムントがMFマルコ・ロイスのゴールで先制。そして迎えた14分、先発出場したマインツのFW武藤嘉紀の元へスルーパスが通った。武藤は左足で落ち着いて流し込んで同点。と思われたが、これがなんとオフサイドの判定。スローで見せてもオフサイドラインは超えていないが・・・。

マインツは後半、MFダニー・ラッツァがゴールを奪い、なんとか同点に追いついて試合終了のホイッスル。1-1の引き分けに終わった。
武藤のゴールが決まっていれば、マインツが逆転勝利を収めていたこの試合。誤審については、ドイツ国内でも話題になっているようだ。

なお、ドルトムントの香川真司は出場していない。

この試合の結果により、マインツは10位、ドルトムントは4位となっている。