“元バルサ”ハリロビッチがラスパラマス加入へ!柴崎と共存できる!?

リーガ・エスパニョーラのラス・パラマスは、ハンブルガーSVに所属するMFハリロビッチの獲得に向けて動いているようだ。スペイン紙『マルカ』が報じている。

ラス・パラマスは、鹿島アントラーズのMF柴崎岳の獲得も交渉段階に入っており、両選手が加入すれば、中盤の司令塔タイプを2人補強する事になる。

現在20歳のハリロビッチは、ディナモ・ザグレブのユースチームでキャリアをスタートさせ、16歳でプロ契約。2年後にはバルセロナと5年契約を結ぶもトップチームでの出場機会はなく、スポルティング・デ・ヒホンにレンタル移籍。そして今シーズンからハンブルガーSVでプレーしていた。

14歳の頃からクロアチアの年代別代表に選ばれ、中心選手として活躍。特徴はなんと言っても左足での細かいタッチのドリブルだ。スピードに乗ったドリブルで2〜3人を平気で交わし、得点を演出するプレーはバルセロナのFWメッシを彷彿させる。それではハリロビッチのスーパープレー集をご覧いただこう。

ラス・パラマスは現在リーグ戦で11位。今冬の移籍マーケットで即戦力を獲得し、上位争いに踏みとどまる事はできるか。今後注目する必要があるクラブだ。
 
参照・画像出典:YouTube