【柏レイソル】2017シーズンの予想フォーメーションと補強力診断!

2017年になり、J1の移籍マーケットが架橋を迎えている。2月25日の開幕戦に向けて各クラブが新体制で動き始めた。
そんな中、TOTAL11ではJ1全クラブの補強力診断と、新シーズンの予想フォーメーションを一挙大公開!

第10弾は柏レイソル。昨シーズン年間順位8位で終わるも、中谷、中山、伊東などの若手が台頭。それに加えディエゴ・オリヴェイラ、クリスティアーノの両外国人助っ人も活躍。今シーズンは両外国人に加え、仙台からハモン・ロペスを獲得。強力助っ人トリオとヤングレイソルパワーで優勝争いも夢ではない。

【移籍情報】
IN
DF小池龍太←レノファ山口FC
DF橋口拓哉←流通経済大学
DFユン ソギョン←ブレンビーIF/デンマーク
FWハモン・ロペス←ベガルタ仙台
FW大島康樹←カターレ富山(レンタル終了)

OUT
GK稲田康志→アルビレックス新潟
DF山中亮輔→横浜F・マリノス
DF増嶋竜也→ベガルタ仙台(レンタル)
DF湯澤聖人→京都サンガ(レンタル)
DFエドゥアルド→川崎フロンターレ(レンタルから完全)
MF秋野央樹→湘南ベルマーレ(レンタル)
MF茨田陽生→大宮アルディージャ
MF太田徹郎→サガン鳥栖
FW田中順也→ヴィッセル神戸
FW木村裕→V・ファーレン長崎(レンタルから完全)

【補強力診断】
GK:C
稲田の移籍でGKは3名。中心は昨季J1でもチームを救うビッグセーブを幾度も魅せた中村。中村が1年間フル稼働できれば問題はないが、緊急時の戦力ダウンは否めない。

DF:B
山中の穴は韓国代表SBのユン・ソギョンを獲得。昨季ボランチの茨田やセンターバックの鎌田が入っていた右サイドバックにはJ2山口から小池を獲得。手薄だったサイドバックの補強に成功。昨シーズン大きなサプライズを残した中谷、中山コンビが負傷離脱なく活躍できれば問題ない。

MF:C
昨シーズン、コンスタントに試合に絡んでいた茨田、秋野がそれぞれ移籍。穴埋めの補強をしなかったのは、若手の育成に自信があったからか。伊藤、中村、中谷、中山に続き、小林、中川らがブレイクできるか。

FW:A
何と言っても一番は仙台から獲得したハモン・ロペス。昨シーズンのゴール数をクリスティアーノ、ディエゴ・オリヴェイラと合わせると 全38得点の脅威の助っ人トリオを結成。爆発力満点のこのトリオがJリーグに旋風を巻き起こすことができるのか。さらに、圧倒的なスピードを武器に攻撃のキーマンとなった伊東純也も健在。大津祐樹も奮起すれば、J1屈指のFW陣となる。
 
【予想フォーメーション】

※は新加入選手

————–
GK
中村航輔(桐畑和繁)

DF
※小池龍太(今井智基)
中谷進之介(鎌田次郎)
中山雄太(※橋口拓哉)
※ユン・ソギョン(輪湖直樹)

MF
大谷秀和
中川寛斗(武富孝介)
小林祐介(栗澤僚一)

FW
※ハモン・ロペス(伊藤純也)
ディエゴ・オリヴェイラ(大津祐樹)
クリスティアーノ(ドゥドゥ)
————–

ハモン・ロペスの加入によって、強力な3トップが形成される。若手を中心としたDF陣に、外国人の個人技を活かすFW陣というわかりやすい布陣で挑む新シーズン。波に乗れば止められないチームになりそうだ。

注目の開幕戦は、アウェイでサガン鳥栖と対戦する。