【大宮アルディージャ】2017シーズンの予想フォーメーションと補強力診断!

2017年になり、J1の移籍マーケットが架橋を迎えている。2月25日の開幕戦に向けて各クラブが新体制で動き始めた。
そんな中、TOTAL11ではJ1全クラブの補強力診断と、新シーズンの予想フォーメーションを一挙大公開!

第9弾は、昨シーズンは年間順位5位につけるなど躍進を見せた大宮アルディージャ。家長が11ゴールを挙げて“天才”ぶりを存分に発揮。群馬から移籍の江坂も8ゴールを記録し見事にブレイク。しかしその攻撃陣を支えた家長、泉澤が今冬の移籍マーケットで退団してしまった。攻撃の核を2人欠いた大宮は、今シーズンも上位に食い込むことができるのか。

【移籍情報】
IN
MF山田陸←大宮アルディージャユース
MF瀬川祐輔←ザスパクサツ群馬
MF茨田陽生←柏レイソル
MF長谷川アーリアジャスール←湘南ベルマーレ
MFマテウス←ECバイーア/ブラジル(レンタルから完全)
FW大前元紀←清水エスパルス

OUT
GK清水慶記→ザスパクサツ群馬(レンタル延長)
GK川田修平→栃木SC(レンタルから完全)
DF高瀬優孝→ザスパクサツ群馬(レンタル延長)
DF福田俊介→ギラヴァンツ北九州
MF泉沢仁→ガンバ大阪
MF小島幹敏→水戸ホーリーホック(育成型レンタル)
MF横山知伸→コンサドーレ札幌(レンタル)
FW家長昭博→川崎フロンターレ
FW川田拳登→ザスパクサツ群馬(育成型レンタル)

【補強力診断】
GK:B
二人のGKが抜けたものの、加藤、塩田、松井の主戦級の三人は変わらず残留。3名とも30歳を超えているが、選手生命の長いGKだけに問題はなさそう。

DF:C
こちらも大きな補強、レギュラークラスの移籍はなく戦力の変化はほぼない。補強できたかという観点でいくと『C』評価にはなるが、昨季は昨季の失点数は浦和、鹿島に次ぎ3番目に少ない。今季も安定した守備を披露できるか。

MF:B
昨季リーグ戦30試合に出場し持ち前のドリブルで、攻撃にアクセントを加えていた泉澤がG大阪に移籍。タイプは違うが柏から茨田、湘南から長谷川を獲得。また注目は群馬から獲得した瀬川。昨季はルーキーながら13得点を挙げ一気にJ1に“個人昇格”。同じルートの江坂同様、ブレイクできるのか。

FW:B
家長が抜けた穴はあまりにも大きいが、清水のエース大前を獲得。昨季は特に家長の存在感が大きかっただけに、大前がどこまでフィットできるかが大宮の順位に大きく影響するだろう。
 
【予想フォーメーション】

※は新加入選手

————–
GK
塩田仁史(加藤順大)

DF
奥井諒(渡部大輔)
菊地光将(山越康平)
河本裕之(高山和真)
和田拓也(大屋翼)

MF
※茨田陽生(岩上祐三)
横谷繁(金澤慎)
※長谷川アーリアジャスール(マテウス)
江坂任(清水慎太郎)

FW
ドラガン・ムルジャ(ペチュニク)
※大前元紀(※瀬川祐輔)
————–

やはり家長の穴を大前元紀がどこまで埋められるかが、今シーズンの大宮を占うだろう。持ち前の堅守をベースに、高速カウンターでゴールを奪えばACL圏内も見えてくる。

注目の開幕戦は、ホームで家長が移籍した川崎フロンターレと対戦する。