【ジュビロ磐田】2017シーズンの予想フォーメーションと補強力診断!

2017年になり、J1の移籍マーケットが架橋を迎えている。2月25日の開幕戦に向けて各クラブが新体制で動き始めた。
そんな中、TOTAL11ではJ1全クラブの補強力診断と、新シーズンの予想フォーメーションを一挙大公開!

第8弾は、昨シーズン最終節で辛くも残留を決めたジュビロ磐田。ファーストステージは8位で折り返したものの、シーズン途中に小林祐希が移籍した影響か、セカンドステージは14位と失速。今シーズンは昨季14得点のジェイも契約満了。今オフ最大のサプライズ移籍だったMF中村俊輔がジュビロ磐田にどのような影響を与えるか注目したい。

【移籍情報】
IN
GK三浦龍輝←AC長野パルセイロ
DF高橋祥平←ヴィッセル神戸
MFフォジル・ムサエフ←ナサフ・カルシ
MF藤川虎太朗←東福岡高校
MF針谷岳晃←昌平高校
MF松本昌也←大分トリニータ
MFムサエフ←ナサフ・カルシ/ウズベキスタン
MF川辺駿←サンフレッチェ広島(レンタル延長)
MF中村俊輔←横浜F・マリノス
FW川又堅碁←名古屋グランパス
OUT
GK奥田達朗→V・ファーレン長崎
GK牲川歩見→ザスパクサツ群馬(レンタル)
DFパパドプーロス→契約満了
DF石田崚真→ツエーゲン金沢(レンタル)
DF高木和道→エアフォース・セントラルFC/タイ
MF岡田隆→引退
MF上村岬→FC今治
MF田中裕人→愛媛FC(レンタル)
FWジェイ→契約満了
FW中村祐輝→契約満了
FW森島康仁→契約満了
FW岩元 颯オリビエ→ガイナーレ鳥取
 
【補強力診断】
GK:B
レギュラーはカミンスキーで間違いないだろう。奥田、牲川が移籍し、J3長野から三浦龍輝を獲得。昨季はJ3で13試合に出場している。戦力アップはないが、昨季J1デビューを果たした志村がどこまでレギュラー争いに食い込めるか。

DF:B
ヴィッセル神戸からDFの高橋祥平を獲得。レギュラークラスのセンターバック(森下、大井)がベテランの域に入ってきただけに、25歳の高橋の獲得は非常に大きい。高橋は、潜在能力は高いものの未だ全てを発揮できてはいない。ジュビロ黄金期を支えた鈴木秀人、田中誠コーチの元、ジュビロの守備の要になれるのか。

MF:A
なんと言ってもマリノスのレジェンドであったMF中村俊輔を獲得したのが大きい。まだまだ戦力として期待できる上に、チームの雰囲気に与える影響も非常に大きい。また、未知数ではあるがウズベキスタン代表のムサエフ、大分で10番を背負っていた松本昌也、高校年代では世代を代表するMF針谷、藤川を獲得。昨季途中からレギュラーとして活躍した川辺もレンタル延長に成功し、盤石の布陣となった。

FW:B
昨季14得点挙げたジェイの代わりに名古屋からFW川又堅碁を獲得。元イングランド代表の穴は大きいが、中村俊輔との新コンビにも注目。昨年AFC・U-19アジア選手権優勝の立役者である小川航基にも期待がかかる。弱冠20歳の“前田遼一2世”がどこまで試合に絡むことができるのか。ジュビロの新エース誕生ももう間も無くか。

 
【予想フォーメーション】

※は新加入選手

————–
GK
カミンスキー(※三浦龍輝)

DF
櫻内渚(小川 大貴)
大井健太郎(森下俊)
※高橋祥平(藤田義明)
中村太亮(宮崎智彦)

MF
ムサエフ(山本康裕)
上田康太
太田吉彰(※松本昌也)
※中村俊輔(川辺駿、※藤川虎太朗)
アダイウトン(松井大輔、松浦拓弥)

FW
※川又堅碁(小川航基)
————–

かつて日本代表でレフティー同士のタッグを組んだ名波浩と中村俊輔が、ジュビロをどこまで再生できるか。日本中が注目するシーズンが始まる。

開幕戦は、アウェイでセレッソ大阪と対戦する。