【コンサドーレ札幌】2017シーズンの予想フォーメーションと補強力診断!

2017年になり、J1の移籍マーケットが架橋を迎えている。2月25日の開幕戦に向けて各クラブが新体制で動き始めた。
そんな中、TOTAL11ではJ1全クラブの補強力診断と、新シーズンの予想フォーメーションを一挙大公開!

第7弾は、昨シーズンのJ2王者コンサドーレ札幌。守備の固さを武器に、悲願のJ1復帰を成し遂げた。元日本代表の稲本潤一や小野伸二の他、マリノスから兵藤慎剛を獲得。実績十分な選手を中心に、組織的なサッカーがどこまでJ1で通用するのか注目したい。

【移籍情報】

IN
DF濱大耀←U-18(トップ昇格)
DF福森晃斗←川崎フロンターレ(レンタルから完全)
DF田中雄大←ヴィッセル神戸
DF菊地直哉←サガン鳥栖(レンタル延長)
MFチャナティプ・ソングラシン←ムアントン・ユナイテッドFC(レンタル)
MFキム・ミンテ←ベガルタ仙台
MF兵藤慎剛←横浜F・マリノス
MF早坂良太←サガン鳥栖
FW菅大輝←U-18(トップ昇格)
FW金園英学←ベガルタ仙台

OUT
DF内山裕貴→ガイナーレ鳥取
DF櫛引一紀→名古屋グランパス(レンタル)
DF前貴之→レノファ山口FC(レンタル)
MF上里一将→ロアッソ熊本
MF神田夢実→愛媛FC
MFイルファン→契約満了
MF堀米悠斗→アルビレックス新潟
MF中原彰吾→ガンバ大阪(レンタル)
FW工藤光輝→契約満了

【補強力診断】

GK:B
鹿島から高額オファーが来ていたク・ソンユンの引き留めに成功。またバックアッパーとしては実力十分の金山も残留。怪我さえなければ問題ない布陣であることは間違いない。

DF:C
昨シーズン加入し大きな戦力となった福森を完全移籍で獲得。また菊池もレンタル延長に成功し昨シーズンの戦力維持には成功。しかし増川や河合などベテラン勢の体力にも不安が残る。

MF:B
生え抜き選手で札幌の顔にもなりつつあった堀米が新潟に移籍。札幌ファンの“ゴメスロス”も少なくはないだろう。しかし、大型ボランチのキム・ミンテや鳥栖で経験を十分積んだ早坂などを獲得。

FW:B
昨季得点ランキング2位の活躍を残した都倉が残留。その他にも内村やヘイスなど昨シーズンの攻撃を牽引したメンバーが残り戦力に大きな変化はない。さらに、仙台から金園を獲得。昨シーズンは両足首の手術で戦線を離れたが実力は申し分ない。また一番の注目は“タイのメッシ”ことチャナティプ・ソングラシン。攻撃的なポジションならどこでもこなす彼がJリーグでどこまで通用するのか注目だ。

【予想フォーメーション】

※は新加入選手

————–
GK
ク・ソンユン(金山隼樹)
DF
菊地直哉(進藤亮佑)
増川隆洋(河合竜二)
福森晃斗(※田中雄大)

MF
※兵藤慎剛(キム・ミンテ)
宮澤祐樹(稲本潤一)
マセード(石井謙伍)
ジュリーニョ(小野伸二)
ヘイス(※早坂良太)
FW
金園英学(内村圭宏)
都倉賢(※ソングラシン)
————–

サポーターが待ち望んだ5年ぶりのJ1の舞台。どこまで上位に食い込む事ができるか。
 
注目の開幕戦は、アウェイでベガルタ仙台と対戦する。