【セレッソ大阪】2017シーズンの予想フォーメーションと補強力診断!

2017年になり、J1の移籍マーケットが架橋を迎えている。2月25日の開幕戦に向けて各クラブが新体制で動き始めた。
そんな中、TOTAL11ではJ1全クラブの補強力診断と、新シーズンの予想フォーメーションを一挙大公開!

第6弾は、昨シーズンプレーオフを制して、悲願のJ1復帰を果たしたセレッソ大阪。代表クラスのタレントを有しているだけに、残留争いではなく上位争いに食い込めるのか注目したい。
一番の補強は、監督の尹晶煥ではないだろうか。ハードワークが信条の尹サッカーとタレント集団がどのような科学変化をもたらすか!?

移籍情報

IN
監督尹晶煥←蔚山現代FC
INGK茂木秀←桐光学園高等学校
GK圍謙太朗←FC東京
DFマテイ・ヨニッチ←仁川(Kリーグ)
DF舩木翔←セレッソ大阪U-18
DF森下怜哉←セレッソ大阪U-18
MF大山武蔵←札幌大谷高等学校
MF斧澤隼輝←セレッソ大阪U-18
MF水沼宏太←FC東京(レンタル)
MF福満隆貴←レノファ山口FC
MFソウザ←クルゼイロEC/ブラジル(レンタルから完全)
FW山内寛史←早稲田大学
FW山根永遠←サンフレッチェ広島ユース

OUT
監督大熊清→強化部長に専任
GK北野貴之→契約満了
GK武田博行→東京ヴェルディ(レンタル)
DF中澤聡太→契約満了
DF池田樹雷人→バンコク・グラスFC/タイ(レンタル)
DF小谷祐喜→ロアッソ熊本(レンタルから完全)
MF橋本英郎→東京ヴェルディ
MF平野甲斐→アーミー・ユナイテッドFC/タイ(レンタルから完全)
MF前川大河→徳島ヴォルティス(レンタル延長)
MF小暮大器→愛媛FC
FW玉田圭司→名古屋グランパス
FW田代有三→契約満了
FW米澤令衣→レノファ山口FC(レンタル)
FWベサルト・アブドゥラヒミ→FCアスタナ/カザフスタン(レンタル終了)
 

補強力診断

GK:A
長年セレッソのゴールマウスを守ってきたキム・ジンヒョンは、複数オファーが届きながら残留が決定。FC東京から圍も獲得し、バックアッパー含め万全な陣容。

DF:B
Kリーグで2年連続ベストイレブンに選ばれたヨニッチを獲得。Jリーグに馴染むことができれば大きな戦力になり得る。しかし、それ以外は、弱冠選手層の薄さも見られる。

MF:A
昨シーズン加入し、J1昇格の原動力となったソウザを完全移籍で獲得。また鳥栖時代、尹監督に重宝された水沼、レノファで頭角を現した福満を獲得。現有戦力も充実しており、十分に上位を狙える選手層の厚さ。

FW:B
ベテランの玉田、田代らが抜けたが、大きな補強も特になし。柿谷、杉本らがどれだけチームを引っ張ることができるか。U-19日本代表の岸本も昨季J3で6得点を残すなど頭角を現しており、若手選手の活躍に期待がかかる。鳥栖ではワントップを採用していた尹監督。攻撃ユニットの組み合わせにも注目したい。

 

予想フォーメーション


※は新加入選手

————–
GK
キム・ジンヒョン(※圍謙太朗)

DF
松田陸
山下達也(茂庭照幸)
※ヨニッチ(田中裕介)
丸橋祐介

MF
山口蛍
ソウザ(山村和也)
清原翔平(※水沼宏太)
柿谷曜一朗(※福満隆貴)
杉本健勇(関口訓充)

FWリカルド・サントス(澤上竜二)
————–

過去にはガンバやサンフレッチェが、J2から昇格したシーズンにタイトルを獲得したこともあり、尹晶煥監督の手段次第では、十分上位を狙えるだろう。3年ぶりのJ1復帰となるセレッソは、桜旋風を巻き起こす事ができるか。
 
注目の開幕戦は、ホームで中村俊輔が加入したジュビロと対戦する。