【ガンバ大阪】2017シーズンの予想フォーメーションと補強力診断!

2017年になり、J1の移籍マーケットが架橋を迎えている。2月25日の開幕戦に向けて各クラブが新体制で動き始めた。
そんな中、TOTAL11ではJ1全クラブの補強力診断と、新シーズンの予想フォーメーションを一挙大公開!

第5弾は、昨シーズン年間順位で4位となったガンバ大阪。年間王者を目指したが、ここぞという試合で勝点「3」を積み重ねることができなかった。しかし、新人賞を獲得した井手口を始め、呉屋、堂安、初瀬ら生え抜きの若手選手が存在感を発揮したシーズンとなった。元々代表クラスの選手は多いだけに、勢いに乗れば手のつけようがないチームとなるだろう。

移籍情報

IN
GK鈴木椋大←横浜F・マリノス
DFファビオ←横浜F・マリノス
DF三浦弦太←清水エスパルス
MF食野亮太郎←ガンバ大阪ユース
MF井出遥也←ジェフユナイテッド市原・千葉
MF泉沢仁←大宮アルディージャ
MF森勇人←名古屋グランパス
MF中原彰吾←コンサドーレ札幌(レンタル)
FWアデミウソン←サンパウロFC(レンタルから完全)
FW高宇洋←市立船橋高
FW郡大夢←東京ヴェルディ(育成型レンタル)

OUT
DF岩下敬輔→アビスパ福岡
DF西野貴治→ジェフユナイテッド市原・千葉(レンタル)
MF大森晃太郎→ヴィッセル神戸
MF内田達也→東京ヴェルディ(レンタル)
MF二川孝広→東京ヴェルディ(レンタル延長)
MF阿部浩之→川崎フロンターレ
MF岡崎建哉→栃木SC
MF小椋祥平→契約満了
FW小西雄大(ガンバ大阪ユース)→徳島ヴォルティス
FW赤嶺真吾→ファジアーノ岡山(レンタルから完全)

補強力診断

GK:B
昨シーズン東京Vで24試合に出場した鈴木を獲得。日本代表GKでもある東口がレギュラー当確であるのは間違いないが、バックアッパー陣にさらなる厚みが出てきた。
DF:B
岩下、西野が移籍するも昨季ほぼ試合には絡んでいないだけに大きな痛手ではない。SBもできる三浦、ボランチもできるファビオを獲得しバックアッパーの充実にも成功。
MF:B
ガンバ攻撃陣のレギュラー格であった大森と阿部が移籍。両者とも長年ガンバに所属した選手だけにファンの喪失感も大きいだろう。しかし大宮から泉澤、千葉からは井出を獲得。両者とも本誌が注目する次世代スター候補。彼らがもう一皮むけることができればガンバ躍進は間違いない。

FW:B
昨シーズンから大きな変化はないがアデミウソンが完全移籍にて加入。昨季アデミウソンに並ぶ9得点を挙げた長沢や、成長著しい呉屋などでさらなる競争が生まれれば破壊力抜群のガンバサッカー復活は間違いない。

予想フォーメーション

※は新加入選手
————–
GK
東口順昭(※鈴木椋大)

DF
米倉恒貴(オ・ジェソク)
※ファビオ(キム・ジョンヤ)
丹羽大輝
藤春廣輝(初瀬亮)

MF
今野泰幸(内田達也)
井手口陽介
倉田秋(堂安律)
遠藤保仁(藤本淳吾)
※泉澤仁(※井出遥也)

FW
アデミウソン(長沢駿・呉屋大翔)
————–
鍵を握るのは今野、井手口、遠藤のトライアングル。攻守両面でこの3人の働きがタイトルの行方を左右するだろう。また、今シーズンから「10番」を背負う倉田秋が、どこまでゴールに直結する活躍ができるかに注目だ。

長谷川体制5シーズン目の今季は、どんな戦いを見せてくれるだろうか。

開幕戦はホームの吹田スタジアムにヴァンフォーレ甲府を迎える。