【FC東京】2017シーズンの予想フォーメーションと補強力診断!

2017年になり、J1の移籍マーケットが架橋を迎えている。2月25日の開幕戦に向けて各クラブが新体制で動き始めた。
そんな中、TOTAL11ではJ1全クラブの補強力診断と、新シーズンの予想フォーメーションを一挙大公開!
 
第4弾は、昨シーズン年間順位で9位となったFC東京。タイトル獲得を目指す中、なかなか結果が出なかった昨シーズンからメンバーを一新。守備では林彰洋と太田宏介、攻撃では大久保嘉人と永井謙佑を獲得し、J屈指の戦力を揃えた。『常勝軍団』となるための重要なシーズンになりそうだ。
 

移籍情報

IN
GK廣末陸←青森山田高校
GK波多野豪←FC東京U-18
GK林彰洋←サガン鳥栖
GK大久保択生←V・ファーレン長崎
DF太田宏介←フィテッセ
MFハ・デソン←名古屋グランパス(レンタル終了)
MF内田宅哉←FC東京U-18
FW大久保嘉人←川崎フロンターレ
FW永井謙佑←名古屋グランパス

OUT
GK榎本達也→引退→FC東京普及部コーチ
GK秋元陽太→湘南ベルマーレ
GK圍謙太朗→セレッソ大阪
GK権田修一→契約解除
DF駒野友一→アビスパ福岡
MF高橋秀人→ヴィッセル神戸
MF三田啓貴→ベガルタ仙台(レンタルから完全)
MF水沼宏太→セレッソ大阪(レンタル)
MF幸野志有人→V・ファーレン長崎
MF野沢英之→FC岐阜
MF羽生直剛→ジェフユナイテッド市原・千葉
FW平山相太→ベガルタ仙台
FW林容平→大分トリニータ
FWムリキ→アル・サッドSC/カタール(レンタル終了)

 

補強力診断

GK:A
秋元の移籍と榎本の引退により選手層が懸念させたGKには、鳥栖から林を、青森山田から廣末を獲得したことで穴埋めどころかそれ以上の戦力アップとなった。選手権優勝を果たした青森山田で、圧巻のキックを披露した廣末にチャンスが与えられるのか注目だ。

DF:B
太田宏介がフィテッセから復帰を果たした以外は、大きな補強はなし。しかし、センターバックには両日本代表の森重と丸山が、右サイドバックにもリオ五輪メンバーの室屋と元日本代表の徳永が構える豪華な顔ぶれ。

MF:B
まずはどのような構成で挑むかに注目が集まるが、個性豊かな選手の能力を発揮できるのは、4-2-3-1だろう。右サイドにスピードスターの永井、左サイドにドリブラーの中島翔哉、そしてトップ下に機動力のある東が揃えば、J屈指の攻撃力となる。中盤の底には、前線の選手を活かすゲームメーカーの梶山も健在だ。

FW:A
Jリーグで他を寄せ付けない成績を残している大久保を獲得したのが大きい。加入1年目でどこまでゴール数を伸ばせるかに期待がかかる。名古屋から加入した永井もFWで使われる可能性は十分にあり、ポストプレーヤーの前田も控える。タイプの違うFW陣に相手DFは苦戦するだろう。

 

予想フォーメーション


※は新加入選手

————–
GK
※林彰洋(※廣末陸)

DF
室屋成(徳永秀平)
森重真人
丸山祐市
※太田宏介(小川諒也)

MF
梶山陽平(米本拓司)
田邉草民(ハ・デソン)
※永井謙佑(石川直宏)
東慶悟(河野広貴)
中島翔哉(阿部拓馬)

FW
※大久保嘉人(前田遼一)
————–

 

予想スタメンはほぼ日本代表経験者(※年代別代表も含む)で、J1屈指のタレント軍団へと変貌を遂げているFC東京。昨シーズン途中から就任した篠田監督がどこまでチームを統率できるかに注目が集まる。
悲願のタイトル獲得に向けて、万全の戦力は整った。

開幕戦は、昨シーズン王者の鹿島アントラーズとアウェイで戦う。