【ベガルタ仙台】2017シーズンの予想フォーメーションと補強力診断!

2017年になり、J1の移籍マーケットが架橋を迎えている。2月25日の開幕戦に向けて各クラブが新体制で動き始めた。
そんな中、TOTAL11ではJ1全クラブの補強力診断と、新シーズンの予想フォーメーションを一挙大公開!
 
第3弾は、昨シーズン年間順位で12位となったベガルタ仙台。昨シーズンは堅守から外国人FWのウィルソンとハモン・ロペスの個人技で得点を奪っていたが、今冬の移籍マーケットでその2枚看板が移籍。代わりに入った平山相太と石原直樹の得点力が鍵を握りそうだ。
 

移籍情報

IN
GKシュミット・ダニエル←松本山雅FC(レンタル終了)
DF平岡康裕←清水エスパルス(レンタルから完全)
DF増嶋竜也←柏レイソル(レンタル)
MF三田啓貴←FC東京(レンタルから完全)
MFパブロ・ジオゴ←アトレチコ・ミネイロ(レンタル延長)
MF中野嘉大←川崎フロンターレ(レンタル)
FW平山相太←FC東京
FW石原直樹←浦和レッズ(レンタル)

OUT
GK六反勇治→清水エスパルス
DF渡部博文→ヴィッセル神戸
MF水野晃樹→契約満了
MFキム・ミンテ→コンサドーレ札幌
MF杉浦恭平→ツエーゲン金沢
FWウィルソン→ヴァンフォーレ甲府
FWハモン・ロペス→柏レイソル
FW金園英学→コンサドーレ札幌

 

補強力診断

GK:B
代表選出経験もある六反が清水に移籍したものの、ハリル注目株のシュミット・ダニエルが松本からレンタルバック。松本でも存在感を発揮していただけにJ1での活躍、そして代表選出にも注目だ。

DF:C
昨シーズン守備の要でもありセットプレーでも持ち味の高さを活かしていた渡部が神戸に移籍。一方で清水の平岡を完全移籍で、柏から増嶋をレンタルで獲得し、穴埋めには成功。昨季は怪我で出遅れ、柏の若手センターバックから押し出された形となった増嶋の奮起に注目したい。

MF:B
中盤に関しては、昨シーズンの主力の引き留めに成功。特に昨シーズンFC東京から加入し、攻守に活躍した三田を完全で獲得したのは大きい。また、川崎からドリブラーの中野を獲得。梁勇基や野沢などもまだまだ十分の戦力ではあるが、高齢化は否めない。中野や奥埜、藤村などの若手の奮起に期待したい。

FW:C
昨季チーム内得点ランキング1位のハモン・ロペスが柏に、2位のウィルソンが甲府に移籍。仙台残留の大きな力となった二人の抜けた穴はかなり大きい。浦和から石原、FC東京から平山を獲得するも実績的にはやや劣るか。全盛期のウィルソンクラスのさらなる補強が期待される。

 

予想フォーメーション


※は新加入選手

————–
GK
シュミット・・ダニエル(関憲太郎)

DF
大岩一貴(菅井直樹)
増島達也
平岡康裕
石川直樹

MF
冨田晋伍(藤村慶太)
三田啓貴
梁勇基(パブロ・シオゴ)
奥埜博亮(※中野嘉大)

FW
平山相太(石原直樹)
野沢拓也
————–

 

新戦力の台頭が期待される開幕戦は、ホームにJ2から昇格したコンサドーレ札幌を迎える。