【浦和レッズ】2017シーズンの予想フォーメーションと補強力診断!

アプリで記事を読む!

2017年になり、J1の移籍マーケットが架橋を迎えている。2月25日の開幕戦に向けて各クラブが新体制で動き始めた。
そんな中、TOTAL11ではJ1全クラブの補強力診断と、新シーズンの予想フォーメーションを一挙大公開!
 
第2弾は、昨シーズン年間順位で1位となるもチャンピオンシップで惜しくも鹿島に敗れて優勝を逃した浦和レッズ。今冬の移籍マーケットでも、悲願のタイトル獲得に向けて充実の戦力補強を行っている。攻守共に即戦力の選手を補強し、ACLとの過密日程をターンオーバー制で乗り切ることもできそうだ。
 

移籍情報

IN
GK福島春樹←ガイナーレ鳥取(育成型レンタル終了)
GK榎本哲也 ←横浜F・マリノス
DF田村友 ←アビスパ福岡(レンタル)
MF長澤和輝←ジェフユナイテッド市原・千葉(レンタル終了)
MF矢島慎也←ファジアーノ岡山(レンタル終了)
MF菊池大介←湘南ベルマーレ
FWラファエル・シルバ←アルビレックス新潟
FWオナイウ阿道←ジェフユナイテッド市原・千葉

OUT
GK大谷幸輝→アルビレックス新潟
DF橋本和→ヴィッセル神戸(レンタルから完全)
DF茂木力也→モンテディオ山形(レンタル)
DF永田充→東京ヴェルディ
DF加賀健一→モンテディオ山形
MF岡本拓也→湘南ベルマーレ(レンタル延長)
MF山田直輝→湘南ベルマーレ(レンタル延長)
MF斎藤翔太→水戸ホーリーホック(レンタル延長)
MF川上エドオジョン智慧→徳島ヴォルティス
FW阪野豊史→モンテディオ山形
FW石原直樹→ベガルタ仙台(レンタル)

 

補強力診断

GK:A
レギュラーは西川で盤石。バックアップで経験豊富な榎本を獲得し、万が一西川が離脱しても十分に戦える陣容。

DF:B
余剰人員整理という印象が強いDFの動向。出場機会に恵まれなかった加賀、永田、橋本を放出し、福岡から田村を獲得。遠藤、槙野、森脇とはタイプが異なり、高さとパワーを活かしてボランチもこなせる選手だ。ミシャサッカーにも十分フィットできるだろう。

MF:A
長澤、矢島、菊池など各チームで主力級の活躍をしていた選手を獲得。十分な戦力がある中での積極補強となり、今年も逃したJリーグチャンピオンへのただならぬ想いが垣間見える。

FW:A
昨季、新潟で活躍したラファエル・シルバを獲得。どこまでミシャサッカーで輝けるか注目したい。また、リオ五輪代表候補にもなっていたオナイウ阿道も獲得。李、武藤、興梠、高木などJ屈指の分厚い選手層の中で出場機会を得ることができるのか。

 

予想フォーメーション


※は新加入選手

GK
西川周作(榎本哲也)

DF
森脇良太(イリッチ)
遠藤航(那須大亮)
槙野智章(田村友)

MF
阿部勇気(青木拓矢)
柏木陽介(矢島慎也、長澤和輝)
駒井善成(梅崎司)
関根貴大(菊池大介、宇賀神友弥)

FW
ラファエル・シルバ(李忠成、梅崎司)
武藤雄樹(オナイウ阿道、高木俊幸)
興梠慎三(ズラタン)

 
どのポジションを見ても、J1屈指の戦力が整った。新加入の選手たちが、これまで中核を担っていた選手たちをどこまで脅かせるか注目だ。
1ステージ制に戻る2017シーズンでは、例年通り終盤の勝負強さが鍵となる。サポーターが待ち望んでいる11年ぶりのJリーグ王者となる事はできるか。

スターティングメンバーにも注目が集まるレッズの開幕戦は、アウェイで横浜F・マリノスと対戦する。