【鹿島アントラーズ】2017シーズンの予想フォーメーションと補強力診断!

2017年になり、J1の移籍マーケットが架橋を迎えている。2月25日の開幕戦に向けて各クラブが新体制で動き始めた。
そんな中、TOTAL11ではJ1全クラブの補強力診断と、新シーズンの予想フォーメーションを一挙大公開!

第1弾は、昨シーズン年間順位では3位ながらチャンピオンシップを勝ち上がり、見事年間王者に輝いた鹿島アントラーズ。クラブワールドカップでは、その勝負強さで世界中を驚かせた。今シーズンはACL制覇も狙っており、主力級の選手の獲得に成功。常勝軍団に選手層の厚さが加わりそうだ。

移籍情報

IN
DF小田逸稀←東福岡高校
DF三竿雄斗←湘南ベルマーレ
MF梅鉢貴秀←モンテディオ山形(レンタル終了)
MFレオ・シルバ←アルビレックス新潟
FW安部裕葵←広島県瀬戸内高校
FWペドロ・ジュニオール←ヴィッセル神戸
FW金森健志←アビスパ福岡

OUT
GK櫛引政敏→清水エスパルス(レンタル終了)
DFファン ソッコ→契約満了
MF大橋尚志→ツエーゲン金沢
MFファブリシオ→契約満了
MF平戸太貴→FC町田ゼルビア(育成型レンタル)
MF杉本太郎→徳島ヴォルティス(レンタル)
FW豊川雄太→ファジアーノ岡山(レンタル延長)
FW垣田裕暉→ツエーゲン金沢(育成型レンタル)
FW高崎寛之→松本山雅FC(レンタルから完全)

 

補強力診断

GK:C
札幌のク、セレッソ大阪のキムなどレギュラークラスのGK獲得を目指すも失敗。櫛引がレンタル満了となりGKは曽ヶ端、川俣、小泉の三人となった。曽ヶ端以外のメンバーは経験不足が否めない。まだまだ動きはあるだろうが即戦力クラスのGKの獲得を期待したい。

DF:B
ファンソッコが抜けて高卒の小田とサイドバックの三竿が加入。センターバックは昌子、植田、ブエノ、町田とACLを考えると若干層が薄いのは否めない。

MF:A
J屈指のボランチ、レオシルバが新潟から加入。小笠原の年齢や柴崎の海外移籍を考えると、もう1人ボランチの選手がいるとなお良い。攻撃的MFは大きな戦力補強はないが、FWだけではなく中盤の攻撃的ポジションもこなすペドロ・ジュニオール、金森の獲得で十分戦力アップに成功した。

FW:A
絶対的エースに成長した金崎の他に、福岡から金森、神戸からペドロ・ジュニオールを獲得。さらにACLでも活躍を見せた鈴木や赤崎も台頭しており、スタメン争いは激しくなりそうだ。

 

予想フォーメーション

—————–
GK
曽ヶ端準

DF
西大伍(伊東幸敏)
植田直通
昌子源
山本脩斗(小田逸稀)

MF
レオ・シルバ(永木亮太)
小笠原満男(柴崎岳、三竿健斗)
遠藤康(中村充孝)
柴崎岳(土居聖真)

FW
金崎夢生(鈴木優磨)
ペドロ・ジュニオール(金森健志、赤崎秀平)
—————–

基本フォーメーションは4-4-2で間違いないだろう。前線の補強に成功し、誰が出てもゴールを期待できる陣容が整った。
さらに、中盤にレオ・シルバが加入した事で、ボランチの序列がどうなるか注目だ。ACLとリーグ戦をターンオーバー制で戦う事も考えられる。

昨シーズン存分に発揮された勝負強さを軸に新戦力がうまく噛み合えば、Jリーグ連覇とACL制覇の2冠も夢ではないだろう。

注目の開幕戦は2月25日、ホームでFC東京と対戦する。