テベスが中国(上海申花)へ移籍!年俸なんと50億円!

アプリで記事を読む!

ボカ・ジュニオルスに所属する元アルゼンチン代表のFWカルロス・テベスが、中国スーパーリーグの上海申花に移籍することを決断したようだ。アルゼンチン紙『Ola』が報じている。

契約期間は2年で、その間に支払われる報酬はなんと8400万ユーロ(約102億円)にも昇る巨額オファーのようだ。年俸にすると約51億円。先日4度目のバロンドールを獲得したレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドの年俸が約20億円であることを考えると、破格の報酬であることがわかる。

ボカ・ジュニオルスに支払われる移籍金は1000万ユーロ(約12億円)のようだ。

テベスはかつてマンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、ユベントスで活躍したアタッカー。ゴールに向かう貪欲なシュートや、ドリブルが持ち味だ。2001年アテネオリンピックでは8ゴールを挙げて大会得点王となり、アルゼンチンを優勝に導いた。2003年から2005年まで、南米年間最優秀選手賞に輝いた経験もある。

そんなテベスのスーパープレー集はコチラ!

現地メディアの間では、「日曜日(18日)の試合が、ボンボネーラ(ボカ・ジュニオルスの本拠地)でのラストマッチになる」と報じており、2017年は中国でプレーすることになりそうだ。

参照・画像出典:YouTube