内田篤人が639日ぶりにヨーロッパリーグで復帰!南野との対戦も!(動画あり)

アプリで記事を読む!

12月8日にUEFAヨーロッパリーググループステージ第6節、レッドブル・ザルツブルク対シャルケ04が行われた。
試合は、ザルツブルクがMFシュラーガーとMFラドシェビッチのゴールによって、シャルケに2-0で勝利を収めた。

ザルツブルクのFW南野拓実は、フル出場。 そしてシャルケのDF内田篤人は、後半38分から途中出場を果たし、1年9ヶ月(639日)ぶりの公式戦復帰となった。

試合終盤には、南野のシュートを内田がブロックするシーンも見られた。そのシーンがコチラ!

 

内田の復帰にはサポーターや現地メディア、海外で共に戦う香川真司、清武弘嗣、岡崎慎司などから、激励のコメントが多数届いている。

長いリハビリに耐え抜いて、ようやくピッチに戻ってきてくれた内田。今後シャルケでも、そして日本代表でも活躍が期待させる。

参照:Twitter

画像出典:Twitter