消える魔球?ドログバがエグいフリーキックを突き刺す…

9月8日にMLS第29節、モントリオール・インパクト対オーランド・シティの一戦が行われた。試合はアウェイのオーランド・シティが4-1で勝利した。

この試合、とんでもないゴールが生まれた。ゴールを決めたのは、元コートジボワール代表のFWドログバ。
試合開始1分、左斜め45度からのフリーキックを蹴るのはドログバ。得意の無回転シュートを蹴るのだが・・・?

参照:YouTube(アプリで閲覧中の方は、こちらからご覧ください。)

一見GKのミスとも受け取れるが、よく見るとボールは不規則に変化し、右から左に曲がりかけたボールが再度左に曲がっている。この変化球への対応は簡単ではないはずだ。

まるで漫画の『消える魔球』のようなシュートは、ドログバにとって今シーズン9ゴール目となった。